肌断食は日焼け止めなしで紫外線とシミを防げない!正しいUVケアのやり方

肌断食を始めて困るのがUVケアが出来ないこと。一体日焼け止めをしないでどの様にシミや紫外線を防ぐのでしょうか?これって実は間違っているんです。正しい肌断食でのUVケアのやり方をお届けするブログです

肌断食で日焼け止めの前にワセリンを塗ると肌を保護できる

肌断食では日焼け止めは使わないと言うのが基本のようですが、それは家事などの日常生活で少し陽にあたるくらいならと言う意味合いで、炎天下の中何時間も外にでたりする人は、肌のバリアを壊さない日焼け止めを塗らないと、酷いことになります。

 

ただ、肌がまだ弱い状態でいくら肌に優しい日焼け止めと言えども、いきなり日焼け止めを塗るのはちょっと・・と思ったり、元々肌が弱く直接日焼け止めを塗るとかゆくなる人などは肌断食中はどうすればいいのか悩みますね・・。

 

そんな時はどうすればいいのか?今回は日焼け止めの前に塗るもので肌にクッションの役割をしてくれるものをお届します。

Sponsored Link  

肌断食で日焼け止めの前に塗ると肌を保護できるもの

肌断食 日焼け止め ワセリン

肌断食中の肌は傷んでいますよね。成功して強い肌を手に入れた人も日焼けには気を付けないと、肌が太陽の日差しで炎症を起こすことがありますので注意が必要ですよ^^

 

傷んだ肌に直接、日焼け止めを塗るのは抵抗がある、メイクが上手く乗らないなど色々な悩みが紫外線が気になる季節には出て来ます。

 

そんな時に役立つのが肌断食の強いみかたのワセリン。このワセリンを薄く伸ばしてその上に日焼け止めをつけると、肌がかぶれにくくなったり、かゆみがマシになったりします。

 

でもワセリンは結構薄く塗ってもベタベタしますよね。私も一度肌がカサカサでメイクが乗らないので、ワセリンを下地にしてメイクをした所・・・

 

油絵の具を塗った様な顔になってしまいました!!ミネラルファンデが伸びずに塊の様についてしまい、酷いことになって慌てて洗顔しました・・・。

 

日焼け止めならワセリンを下地に塗ってOKだと思いますが、メイクをする人にはちょっと難しいなと思うワセリン下地。

 

ではそんな時にもう1つ下地になってくれる役立つアイテムがもう1つありますよ。

Sponsored Link  

ワセリン以外で使える日焼け止め下地

紫外線 日焼け止め ワセリン

ワセリン以外で日焼け止めの下地になり、肌も守ってくれる心強い下地は弱酸性で界面活性剤などが入っていない化粧水。

 

弱酸性で界面活性剤などが入っていない化粧水は、肌断食が終わっても肌の調子が悪い時につけると肌のバリアを傷めず、保湿を助けてくれるアイテムです。

 

肌のバリアを傷めない弱酸性の化粧水はあまりありませんが、これを持っているとエアコンの風でやられた時や季節の変わり目、疲れて肌荒れを起こしているときなどなど、肌の調子が悪いなと言う時につけると、肌を助けてくれますよ。

 

そして日焼け止めの下地に塗ってもOK。直接日焼け止めを塗るよりは肌のダメージを抑えてくれます。

 

まだ肌断食の途中で肌の調子が悪く、日焼け止め塗ると痛そうだなと思う時に塗ると少しは緩和してくれます^^

 

肌断食の途中でも肌断食が終わっても、肌を整えてくれる化粧水を1つ持っていると便利ですよ。ネオナチュラル のへちま水は弱酸性で界面活性剤など全てのものが入っておらず、化粧ノリが悪い時や肌の具合が悪いなと思う時に活躍します。

 

肌断食は何もつけないのではなくて、肌のバリアを壊さないものを上手く体調や季節の変化などで調子が悪い時に使う事が大事です。

 

また使えるアイテムは化粧水のみです。それもサラサラタイプで弱酸性、界面活性剤などケミカルは一切なしの化粧水。植物エキス配合はシミを作るものがあるのでおすすめしません。

 

*ネオナチュラルのへちま水ですが、今は美百水と言う名前に変わって商品ももっとよくなったみたいです。3年くらい持つのでその間に名前が変わってしまっていました

 

知っている人は知っているので、売切になっている場合がありますので気になるあなたはネオナチュラルのサイトを確認してくださいね。