肌断食は日焼け止めなしで紫外線とシミを防げない!正しいUVケアのやり方

肌断食を始めて困るのがUVケアが出来ないこと。一体日焼け止めをしないでどの様にシミや紫外線を防ぐのでしょうか?これって実は間違っているんです。正しい肌断食でのUVケアのやり方をお届けするブログです

肌断食で使える日焼け止めでおすすめのものは?

肌断食で無くても、肌が弱い人などでも使えるおすすめの日焼け止めを紹介します。肌断食では日焼け止めを使ってはいけないのではなく、肌のバリアを壊さないものなら使った方が良いのです。

 

逆に肌が弱い状態で日焼け止め対策をしないと、シミが増えるばかりか濃くなったりする上に肌を傷めますので、注意が必要です。多くの人が知識を得ないまま始める肌断食は1つ間違えると、美肌どころか逆に汚肌になってしまう危険性が沢山あります。

Sponsored Link  

肌断食で使える日焼け止めとは

肌断食 日焼け止め おすすめ

肌断食は間違ったスキンケア・ケア商品で傷んだ肌をリセットし、肌のバリアを回復させた上で、肌のバリアを壊さないスキンケア商品を選んで足りない部分は補っていくと言う考えです。

 

その為、少しその辺に出掛ける位の日焼け対策なら、帽子や日傘、サングラスなどでOKなのですが(あくまで肌がリセットされた状態の人)、肌が傷んでいたり、長時間紫外線を浴びたりする時は、肌のバリアを壊さないものをプラスして補う必要があります。

 

バリアを壊さないものと言うものは、肌の表面だけにしか作用せず、化学物質の様に肌に穴を開け、そこから浸透し身体に害を及ぼさないと言う意味合いです。

 

多くのスキンケア用品は、肌のバリアに化学物質の力で穴を開け、本来なら浸透出来ない肌に浸透し、徐々に時間を掛け肌と身体を蝕んでいくのです。

 

ではどんな日焼け止めなら肌のバリアを壊さないのでしょうか?

肌のバリアを壊さない日焼け止めとは

肌のバリアを壊さない日焼け止めとは、単純に肌のバリアを壊す成分の入っていない日焼け止めです。これは全てのスキンケアに共通する事です。

 

日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が入っていますが、この内紫外線吸収剤が肌に悪く肌をボロボロにします

 

じゃあ日焼け止めはただ単に紫外線吸収剤が入っていなければいいのか?と言えばそうでもなく、紫外線吸収剤は1種類だけでなく、ざっと探しても50種類以上はありますし、日焼け止めを落とすために使うクレンジング剤には界面活性剤が入っています。

 

またオーガニック、ノンケミカル、無添加、自然派をうたっていても、中には肌をボロボロにする成分がはいっていることも普通にあります。 

 

それらが全部必要ないものが肌のバリアを壊さない日焼け止めになります。

化学物質が身体に及ぼす危険性とは

 肌断食 日焼け止め おすすめ

紫外線吸収剤や界面活性剤などは、その成分が肌に穴を開け浸透する事で身体に影響を与えると言われています。

 

通常肌は身体を守るために、肌の中には何も入れさせない仕組みになっています。それを化学物質の力で肌の成分であるタンパク質を溶かし、肌に穴を開け浸透させる事で効果があるよ!とうたって販売されます。

 

しかし肌に穴を開ける以上、クレームがあっては困ります。それを回避するため更に成分を加え、肌を膨張させしっとり感、シワが無くなる感を与えるのです。

 

肌の傷を隠すために使われる悪魔の様な効果に、私たちはしっとりする!シワが無くなった!肌が白くなった!と喜んでいるのです。

 

その悪魔効果の成分が及ぼす危険性は、発がん性や環境ホルモン(成分が人のホルモンのバランスを崩すこと)作用、花粉症などのアレルギーを引き起こすことが確認されているものもあります。

 

肌にいいと思って使っていても、逆に身体を知らない間にずっと蝕んでいることもあり、女性は環境ホルモンの影響で流産が多くなったり、不妊症、重い更年期に関わるとも言われており、注意が必要なのです。

 

また腕を1とした場合、額は6倍頬やあごは13倍も皮膚を通して化学物質が吸収されるのです。これを人がなんとも思わない理由は、直ぐに実感出来るものではなく、長い年月を掛けてじっくり身体の中に蓄積され、知らない間に身体に影響をあたえているからです。

 

誰も今日倒れるなんて思って生活していませんよね。でもくも膜下出血などはジワジワ蓄積された血管の詰まりなどが、ある日突然爆発し倒れます。スキンケアもそれと同じです。

 

そのためバリアを壊さないスキンケア用品を使うと言う事がとても大事になるんです。私たちはバリアを壊し化学物質を肌に入れ、それを隠すための効果に酔いしれているだけなのです。

Sponsored Link  

日焼け止めで肌バリアを壊さないおすすめはコレ

肌バリアを壊さずに日焼け止めとしての効果があるものは、余り多くなく安心して使えるものは下記の2点です。

アロベビー

【毎年売切れの大人気ベビーUVブランド】アロベビー 国産オーガニックUV

アロベビーは生後2ヶ月の赤ちゃんから使える日焼け止め。ミストタイプで汗をかいても塗り直しもしやすく、爽やかな柑橘系の香り。芸能人も性能が良いため母子共に使っている人が多い日焼け止めです。水に濡れると白浮きしやすいのが難ですが、肌のバリアもしっかり強くしシミや紫外線でのシワのダメージを防ぎおすすめです。

 

MAM&BABY

天然成分100%のUVクリーム【MAM&BABY】

MAM&ベビーは自然原料である”MAAS”配合のみで紫外線をカット。MAASとはお肌に一切負担をかけない上にシミをシワを防ぐ次世代の紫外線対策を言われている成分。また10日以内なら合わない時は返金OK。肌のバリアを壊さずシミや紫外線によるシワを防止し、肌断食できれいな強い肌を手に入れ、日焼けのお手入れでもしっかり肌を守りつつ色白できれいを目指していけるおすすめの商品。直ぐに100名になってしまうため、急いで!

注意:毎月100名を超えるとお試し価格が半額の540円から980円に変わります。この時期だけまずは試して貰おうと、通常のお試し980円が半額で手に入るチャンスです。

 

肌のバリアを壊さずに機能する商品は余りありません。どちらも赤ちゃんから使える日焼け止めなので、自分だけでなく子供にも使えます。

 

小さい頃から肌バリアを壊す日焼け止めをつけていると、知らない間に肌がボロボロになり病気になりやすくなったり、アレルギー体質になりやすかったりもするので、子供のケアは充分に考えて使ってあげてくださいね。

 

肌断食のケアは何もしないのでは無く、肌のバリアを壊さないものをしっかりプラスすると言う考えが必要です。短時間なら問題ありませんが、長時間陽にあたる時はちゃんと肌に良いものでケアはしてくださいね。

 

でないと肌断食で傷んだ肌に日焼け止め対策をしない状態だと、秋頃にはシミが一気に増えたり肌トラブルが酷くなったり、なかなか肌の状態が治らなかったりと言うハメになって行きますよ。