肌断食は日焼け止めなしで紫外線とシミを防げない!正しいUVケアのやり方

肌断食を始めて困るのがUVケアが出来ないこと。一体日焼け止めをしないでどの様にシミや紫外線を防ぐのでしょうか?これって実は間違っているんです。正しい肌断食でのUVケアのやり方をお届けするブログです

紫外線でシミが出来る原因やメカニズムを知らないと肌はシミだらけに

紫外線を浴びたらシミが出来る!日焼けしたら色が黒くなる!対策しなきゃ!と言う不安や焦りが日差しが強くなるに連れて多くなって来ませんか?

 

そしてせっせと日焼け止めを塗ってケアしているつもりでも、実はその日焼け止めの成分が肌に穴を開けてしまうもので、使えば使うほど肌の状態を悪くし逆にシミが出来やすい肌を作っている人が多いのが現状です。それをリセットするためにちまたでは肌断食が流行っていますね^^

 

今回は夏の敵?紫外線でシミが出来る原因や肌のメカニズムについてお届けします。本当にコワいのは紫外線でしょうか?実はあなたのお手入れかも知れません・・。

Sponsored Link  

紫外線でシミが出来る原因やメカニズム

紫外線シミ原因

紫外線にあたってシミが出来る原因やメカニズムを知っていますか?なんとなく知っていても、しっかり説明出来る人は少ないと思います。だから知って欲しいのです。シミが出来る本当の原因を。

 

紫外線などの外部から肌は刺激を受けると、その刺激から身体を守るために肌はメラニン色素を作り肌を黒くします。いわばシミと言うバリアを広げてシミの下にある肌細胞を守っているんです。

 

外からの刺激を受け、異常を察知した肌は肌や身体を守るために表皮にバリアを広げますが、通常その部分は角質になり、やがて剥がれていきます。

 

そのため肌が元気な状態だと、肌を守るためにシミと言うバリアを広げたとしても、通常は角質となり消えシミにはなりません。(肌が元気だとターンオーバーでしっかり肌細胞が入れ替わるのでシミは残りません)

 

ではどんな時に肌はメラニンを出し、刺激から守るためにバリアを作ろうと思うのか?肌がメラニンを出す原因は肌や身体を守る時でしたね。肌はどんな時に守らなければならないと判断するのでしょうか?

 

肌がメラニンを出し身体を守らなきゃ!と判断する時、それは弱っている肌の部分に紫外線などの刺激が当たった時です。

 

元々肌は身体を守る機能がすぐれています。人間の一番外側は皮膚ですね。その一番外側の皮膚が弱々だったら、肌から何でも吸収してしまえば人ってイチコロだと思いませんか?

 

例えば汚い泥水や油まみれの海水などが掛かった時、瞬時にその汚染水が肌の中に吸収すれば身体の中には汚染水が入ってしまいますね。そしてどんどん身体の中に浸透して行き細胞を傷つけたり破壊します。

 

なんでも吸収してしまえば雨の日に、カサが無くて濡れると人の肌は雨水を吸い込んでブヨブヨになります。スポンジと一緒です。

 

人の命の危機を防ぐため、肌は元々皮膚の奥にモノが入らない様な仕組みになっているのです。でないと人は直ぐに死んでしまうからです。

 

紫外線にあたるとガンになる。そう聞いた事がある人が多いと思いますが、じゃあ肌に紫外線があたり直ぐにガンが出来てしまう仕組みになっていれば人は生きていけません。

 

そのため肌は少し位の紫外線が当たっても、跳ね返す力を元々持って生まれて来ています。日焼けしても元に戻る力も。

 

そして肌に傷がある、弱って傷んでいるなどの箇所だけは、紫外線があたると肌自体が弱って跳ね返す力がないため、メラニンが出動しその傷んだ肌や傷がある肌の場所にこれ以上紫外線が侵入しない様にメラニン色素でバリアを作るのです。

 

そのためシミが出来る原理は紫外線や刺激するものに当たったからではなく、紫外線などに当たって肌が自分でバリアを張れない位、傷んでいる場所に出来るんです。

 

肌がここは自分で守れない!SOS!!と発した所にメラニンが助けにやって来ます。じゃあ肌が傷んだ場所ってどんな風になっている所?と思いますよね。 

Sponsored Link  

紫外線でシミが出来る場所とは

紫外線対策シミ原因

紫外線などの外部刺激で、肌が自分の力で守れずSOSを発する場所。それは

  • ニキビ跡など傷のある部分
  • 外部刺激性物質との接触で赤みのある部分
  • 紫外線で肌表面が赤くなった部分(日焼けしすぎ)
  • 肌自体が弱い場所

など肌が元気ではなく、傷があったり肌自体が弱っていたり、何かと接触して傷んでいたり、強い紫外線に必要以上に当たり過ぎていたりと言う箇所です。

 

また肌が弱っている部分がある時で、紫外線が強い時に日焼け対策をしないと傷が炎症を起こし、皮膚内部に傷跡を残してしまいます。

 

さらに傷んだ皮膚を保護するため傷跡の部分に炎症性の色素沈着が起きてしまうのです。これが"日焼けによるシミ"です。

 

肌が元気な時は、ターンオーバーでシミは消えます。しかし多くの人はスキンケアのしすぎや、使っている化粧品などの成分のせいで肌が弱っているため、ターンオーバーで上手く細胞が入れ替わりません。そしてシミとして残ります。

 

そして間違ったスキンケアと化粧品の成分で肌はボロボロです。そのためシミが消えない。紫外線にあたるとシミが出来やすいと言う状態が起こります。

 

紫外線でシミを作らない様に気をつける事は「傷んだ部分を紫外線にさらすこと」これだけです。それには

  • 自分でバリア機能を持った強い肌を作る。
  • 使っているスキンケア用品の成分が肌のバリアを壊さないものにする。
  • 日傘や帽子などで紫外線防止対策をする

を心がけるだけなのです。しかし多くの人がバリア機能がない弱い肌になってしまっています。そこで肌断食が必要になるんですね。長くなってしまったので最後にまとめますね。

まとめ

 紫外線でシミが出来る原因は紫外線があたる事が要因になりますが、肌のバリアが強い状態ならシミにはなりません。

 

ではどんな場合にシミになるか?ですが、シミになる部分は肌が弱っている所や傷になっている所、赤く炎症を起こす位に日焼けした部分などは、肌が弱いためにシミとなって残ります。

 

ではシミを作らない様にするにはどうすればいいのか?

  • 肌をリセットしバリア機能を回復させる
  • 肌のバリアを壊さない日焼け止めを使う
  • 日傘や帽子などの日焼け対策グッズで紫外線から肌を守る
  • 間違ったスキンケア、肌を弱くする成分のスキンケア商品はやめる

これだけです。このサイトは肌断食をしている人で紫外線が気になっている人の向けたものになっていますので、シミが出来る原因を知って、しっかり紫外線対策は行ってくださいね。